いつも心に太陽を

北海道在住、住所不定。現在ネパール。明日はどっちだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

森の中で写真展

写真のイリョク、写真のチカラ
    wild flowers
スポンサーサイト
  1. 2014/05/18(日) 23:33:18|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

16×9 part1

IMG_4348.jpg
  EBC付近のクーンブ氷河内で見つけたICE CAVE
 言葉にならない世界に僕は何を撮っていたのかをはっきり覚えていないほど興奮していた。
 
  1. 2013/06/15(土) 06:29:00|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

basic

数年前までの愛用機。
IMG_10.jpg
初心を忘れずってのも大事、だけど今は初心の頃の自分ではない
そんな事を考えた両国の夜
  1. 2012/05/31(木) 01:18:07|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012/6/6 天体ショー

金環日食が全く撮れなかったショックも引きずりつつ、事務所で機材撤収
「赤道儀もうバッチリだろ、じゃあ金星撮るか」
124.png
次の撮影は金星の日面通過
天体望遠鏡にカメラをセット、お山の天文台から狙います。
感覚は金環日食とほぼ変わらず、肉眼で見るのはとても危険との事です。
日食メガネを買った人、捨てるのはまだ早い!もう一回天体ショーが楽しめますよ
あら?いつの間にか天体カメラマン、デ、ビュー?
345.png
  1. 2012/05/23(水) 19:17:01|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松紀三男 写真展「アムスの感じる風」

3歳からのお付き合い
幼なじみのお父さん、中学の時タバコ吸ったらひっぱたかれた、話で世界へ連れて行ってくれた、写真のかっこよさを教えてくれた
イメージはやさしい山賊
とにかく僕が写真を撮るきっかけになったのは間違いない
おじさんがいなかったら間違いなく今の僕はいない
78歳現役。
富士山から戻った次の日に話をした
「展覧会決まったぞ、来るよな」
ウィスキー片手にいつものようにおんなじ話を繰り返しながら笑った
30年前のアムステルダム、自然体で切り撮った初出し作品35点
    小松紀三男 写真展「アムスの感じる風」
       スクリーンショット(2012-05-22 23.13.50)
写真を記録ではなく作品としてお金をもらう、photoshopなどない時代を生き抜いた写真家
映し出された物は写真家の世界観、フレームの中に表現としてフィルムを使う
すげえなあ、あこがれるなあ、かっこいいな
普段はただの飲んべえだけど写真を撮るとやっぱりすげえなあ
7月6日~7月12日まで銀座KODAK PHOTO GALLERYで見れます
入場無料、本当にいい写真が見れるチャンスだと思う!!
7月7日は東京會館でレセプションパーティ、先生(おじさん)はたくさんの人が来てくれるのを待っています
たまにはみんなでじいさん囲んで銀座で飲み食いしようぜい
  1. 2012/05/22(火) 23:37:40|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。