いつも心に太陽を

北海道在住、住所不定。現在ネパール。明日はどっちだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

震災支援活動

ネパール震災、現場の人々。
物資も満足に届かず仮テントを設営する事に大人達が動き回る中、村を代表する長達に質問をした。
「今、一番無くなって困っている事はなんですか?」
「物資は足りてはいないが少しずつ届いている。私達が望む事は各村村で一日も早く学校が再開される事だ。物資は使えば無くなってしまう物だが子供達は永遠に続いていくものだ」

壊れてしまった家屋や施設よりも「教育」を重点視した発言。
僕個人の感覚ではネパール人の視野は変化している。
時代に飲まれようとしているともいえるのだろうか。

そして話は続く
「私達はものすごい経験をした。簡単にはもとには戻らないだろう。しかし世界の人々が関心を持ち、協力してくれている。現に今日も日本から物資を持ってきてくれた。
しかし大事なのは我々村人どうしが力をあわせてこの状況を乗り越えることこそ大事なんだ」

各地で出会う被災者、各地でもらう「ダンニャバード」(ありがとう)
帰ってから思い出すのは人々のたくましい生命力。

笑顔は救い。
救われたのは僕自身だ。
093C2817.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 18:52:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。